障害者手帳と高速道路料金の割引

スポンサーリンク

障害者手帳と高速道路料金の割引について

障害者手帳によって高速道路料金の割引を受けられるので
これも市役所の障害福祉課に手続きへ行ってきました。
(地域によって、「障害福祉課」や「福祉事務所」など名称はさまざまだと思います。)

まず、この有料道路の割引サービスを受けるには
事前に自動車の登録が必要となります。

勘違いしやすいのですが、障害者本人が乗っていれば
どの車に乗っていても割引を受けられるという事はありません。

事前登録を行った自動車で有料道路を利用する場合に、割引が受けられるのです。

事前登録を行って初めて通行料金が通常料金の半額となります。

また、ここも大切なのですが
障害者一人につき、自動車一台のみの登録が可能です。

ですので、我が家の場合は自動車を一台登録して
その車に本人が乗っている時に限って半額となります。

例えば、友人や親せきの保有している車に同乗させてもらっている場合は
障害者が乗っているとしても割引にはなりません。

▲ページの先頭へ戻る

高速道路の割引き対象者について

有料道路の通行料金の割引き対象者は以下となっています。

障害者本人が運転する場合
身体障害者手帳を持っている方であれば、どなたでも対象となります。
介護者が運転する場合
第一種の身体障害者手帳または療育手帳A1・A2を持っている方の介護者が
障害者本人を乗せて運転する場合に対象となります。

ですので、例えば第二種の身体障害者手帳を持っている方の介護者が
障害者本人を乗せて運転をした場合は、これは割引きの対象外となります。
(もちろん車の事前登録が必要です。)

この身体障害者手帳の第一種・第二種というのは、
手帳の等級と障害の内容によって決められています。

もしご自身がどちらに該当しているのか分からない場合は
身体障害者手帳を見てみると、どちらに該当しているのか記載されているかと思います。

また、車種要件等により割引き登録のできない自動車もあります。

  1. 軽トラック、車検・修理時の代車、レンタカー、タクシーなど
  2. 自動車車検証の「自家用・事業用の別」の欄に「事業用」と記載されているもの

▲ページの先頭へ戻る

高速料金の割引きを受ける車の登録

割り引きを受ける車の登録には、障害者手帳と自動車車検証が必要です。
(障害者本人が運転する場合は、運転免許証も必要)

他に事前に用意しておく書類などは必要なく、
市役所の障害福祉課で提示された書類にその場で必要事項を記入し、提出しました。

※これは、ETCを利用している方の場合は違ってきます。
(ETCでの料金割引き登録については、下で改めてご紹介してます。)

ETC利用でない場合は、手続きはその場で完了します。

手続きをすると身体障害者手帳の裏面のスペースに スタンプが押され
そこに登録をした車のナンバーや有効年月日などが記入されます。

私達は高速道路の割り引き申請をした当時はETCを持っていなかったので、
最初はETCを利用せずにこの割り引き制度を受けていました。

▲ページの先頭へ戻る

身体障害者手帳を提示しての割り引きの受け方

ETCでない場合の割り引きの受け方は
高速道路を走る際に料金所で係員さんに障害者手帳を提示する、
というシステムになっています。

この時に係員さんが、障害者手帳の記載事項を確認してくれて
それで半額の料金を支払います。

高速道路の料金所には、無人の料金所もありますが
その場合は係員呼び出しレバーで係員さんを呼んで、それで対応してもらいます。

この高速道路の割り引きサービスは大変ありがたいのですが、
無人の料金所ではわざわざ係員さんを呼んで対応してもらわないとならないので
それだと時間がかかってしまい、後ろの車の方や係員さんに申し訳ないな・・・・と思い
私達はそのまま通常料金を払って料金所を通過してしまっていました。

また、係員さんのいる料金所であっても
毎回障害者手帳を提示するのは手間でもありました。
ですので最初に割り引き申請をした半年後位にはETCを購入し、
ETCでの割引きを受けられるように再登録をする事にしました。

▲ページの先頭へ戻る

ETCを利用しての高速料金の割引きの受け方

ETCを購入したら、ETCで有料道路の割引きを受けられるように
変更手続きをしなくてはなりません。

必要書類を用意して、また市役所の障害福祉課へ行きます。

ETCでの車の登録に必要なものは以下となります。

  • 身体障害者手帳
  • 自動車の車検証
  • 運転免許証(障害者本人が運転される場合)
  • 障害者本人名義のETCカード
  • ETC車載器の管理番号が確認できるもの(ETC車載器セットアップ申込書・証明書)

市役所での手続きがすんだら、必要な書類を高速道路事業者へ郵送します。
(書類は市役所で記入してその場でハンコを押してもらった書類です。)

私達の場合は、市役所の障害福祉課の職員の方がその場でその書類を封筒へ入れてくれ
あとは自分でポストへ投函するだけでした。

必要書類を高速道路会社へ郵送すると、
後日書面にてETCでの登録完了の通知が高速道路会社より届きます。

私達の場合は、市役所での手続きからちょうど2週間位で通知が届きました。

その通知書に、ETC割引開始日が記載されているので
その日からETCでの割引適用となります。

その日以降に利用した高速道路の料金に関しては、もう割引適用なので
クレジットカード会社から請求される高速道路使用料金は半額の料金となっています。

ちなみに、ETCレーンを通過した時に機械に通行料金が表示されると思いますが
この時に表示される料金は割引き前の通常料金が表示されます。
(クレジットカード会社から請求される時には、ちゃんと半額料金での請求となっています。)

▲ページの先頭へ戻る

身障者割引きと、他のETC高速料金割引き制度との重複に関して

身体障害者割引とETC時間帯割引(深夜割引、休日割引、平日朝夕割引)は
時間帯割引の条件を満たす場合でも、重複して適用はされません

ETC時間帯割引(深夜割引、休日割引、平日朝夕割引)の適用条件を満たしている時に
ETCレーンを通過した時に機械に表示される高速料金は
時間帯割引が適用された料金となっていますが
後日請求される金額は障害者割引きを適用した料金となっています。

ETC割引は、割引額が大きくなる方の割引が適用されます。
(ETC割引の割引適用条件を満たし、かつ、ETC割引後の料金が
障害者割引後の料金より安価となる場合には、ETC割引が適用されます。)

▲ページの先頭へ戻る

障害者手帳による高速割引きの注意点

高速道路料金の割引申請でもう一つ大切なのが、
この障害者割引の適用には有効期限がある、という事です。

有効期限の2ヶ月前から市役所の障害福祉課で更新手続きができるので
忘れずに更新手続きをしましょう。

また、ETCを利用している場合は有効期限の2週間前までには更新申請が必要です。

有効期限は以下となります。

新規および変更の場合
申請をした日からその後の2回目の誕生日まで。
更新申請の場合
3回目の誕生日まで。

有効期限がいつまでだか分らない方の場合は、
障害者手帳に車のナンバーなどと一緒に有効期限も記載されているので
それをチェックしてみると分かりやすいかと思います。

あと、注意として、ETCを利用する場合でも障害者手帳は携行しなくてはなりません。

それは、工事やETC設備の点検などでETCレーンを閉鎖する可能性があるためです。

その場合は係員さんのいるレーンで
障害者手帳を提示しないと料金は半額にはなりません。

区切りラインの画像

高速道路の障害者割引きについて調べる時などに便利なので、
各地域ごとの高速道路会社へリンクを貼っておきます。

  • NEXCO東日本・・・・・東日本エリアの高速道路情報はこちらです。
  • NEXCO西日本・・・・・西日本エリアの高速道路情報はこちらです。
  • NEXCO中日本・・・・・東日本と西日本の間、中日本エリアの高速情報はこちらです。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る