身体障害者手帳によるJR運賃の割引き

身体障害者手帳によるJR運賃の割引きについて

身体障害者手帳または療育手帳を持っている方は
条件によってJRの電車料金の割引きを受けられます。
(※JR以外の私鉄などに関しては違ってきます、あくまでもJRの場合です。)

年齢や障害の内容、移動距離によって
受けられる内容が変わってくるので注意して下さい。

以下に割引内容についてご紹介していますが、
これは身体障害者手帳が「第一種」か、「第二種」かによって変わってきます

この第○種というのは、障害者手帳の等級と障害の種類によって決められています。

もしご自身がどちらに該当しているのか分からない場合は
身体障害者手帳を見てみると、どちらに該当しているのか記載されているかと思います。

身体障害者手帳を交付されている方全員がJR運賃の割引きの対象となりますが、
この第一種か第二種かによって、
受けられるサービス内容が異なってくる、という事になります。

精神障害者保健福祉手帳に関しては、
このJRの割引きは対象とはなっていないようです。

【障害者手帳が第一種の場合】
  割引対象 割引率
本人が単独
片道100kmを超える区間を
乗車する場合
普通乗車券 5割引
本人が介護者とともに乗車する場合
※距離の制限はなし
普通乗車券
回数券
急行券(特急券を除く)
定期券
本人・介護者ともに
5割引

【障害者手帳が第二種の場合】
  割引対象 割引率
本人が単独
片道100kmを超える区間を乗車する場合
普通乗車券 5割引

※障害者本人が12歳未満の場合は、また少し内容が変わってきますので
その場合はお手数ですがページの下部で
JR東日本・JR西日本へのリンクを貼っておきますので、そちらから詳細をご確認下さい。

▲ページの先頭へ戻る

障害者手帳による割引き料金でのJRの乗車の仕方

JR駅の窓口で障害者手帳を提示して、乗車券を購入します。

ただし、「第一種」の「本人が介護者とともに乗車する場合」の
100kmまでの普通乗車券に限り
本人と介護者の2人分を自動券売機で小児用乗車券を購入して
係員さんのいる改札口を手帳を提示して通過する事も可能です。
(上の表でピンクで表示している部分を指します。)

※間違えないように注意したいのは、 障害者本人が単独で移動をする場合は
乗車距離が101km以上でないと割引きが適用されない、という点です。
(第一種、第二種ともに)

▲ページの先頭へ戻る

JR以外の私鉄に関して

また、JR以外の私鉄でも
同じような身体障害者手帳による割り引きを行っている鉄道会社もありますので
一度、地元の鉄道会社も行っているのか調べてみると良いかと思います。

私達の地元の私鉄でも、ほぼJRと同じようなサービスが行われていました。
(切符は子ども用の切符を購入して、改札を通る時には
係員さんのいる所を身体障害者手帳を提示して通過する、というシステムでした。)

▲ページの先頭へ戻る

各自治体による鉄道乗車券の交付について

市営地下鉄や都電、市営バスや都バスなどに関しては
自治体によっては乗車券の交付などの福祉サービスを行っている場合があります。

例えばA市では
市営バス・市営地下鉄などを無料で利用できる「特別乗車券」が交付されます。
(身体障害者手帳1級〜4級の場合)

ただし、こちらの地域では「特別乗車券」と「福祉タクシー券」を両方交付される事はなく
どちらか一つの福祉サービスを選択するシステムになっています。

また、B区ではタクシー券の交付制度はありませんが
都電・都バス・都営地下鉄を利用できる、無料乗車券が交付されます。

ですので、お住まいの自治体によっては
電車やバスの無料乗車券の配布などがある可能性もありますので、
身体障害者手帳を交付された時に「障害者手帳の手引き書」などを
一緒に渡されていましたら、それを今一度読まれるか
もしくはお住まいの各自治体にお問い合わせ下さい。

※障害者手帳によって受けられるサービスには、各自治体によって違いがあります。
自治体によっては、もともとない制度もありますし
障害者手帳の等級・障害の内容・所得額によっては対象外であったり、
サービス内容に制限もあります。

区切りラインの画像

JR東日本、JR西日本のホームページはこちらです。
障害者手帳による料金割引きや、車イスでの乗車について調べる際に便利ですので
リンクを貼っておきます。

スポンサードリンク

▲ページの先頭へ戻る