障害年金と確定申告

スポンサーリンク

障害年金と確定申告について

夫が障害年金を受給するようになって初めての確定申告
てっきり障害年金についても確定申告が必要なのかと思っていたのですが、違いました。

障害年金は非課税なので、確定申告の必要はありませんでした。

非課税という事は、もともと障害年金から税金を引かれていないので
還付される税金もない、という事になります。

▲ページの先頭へ戻る

所得税・市県民税と障害者控除について

障害者手帳によって、所得税・市県民税の障害者控除を受けられるので
これは忘れずに確定申告で控除を受けるようにしました。

※障害の等級や条件などによって控除額は変わってきます。

控除には、「障害者控除」と「特別障害者控除」があります。
控除金額は、障害者控除よりも特別障害者控除の方が金額が多くなります。

【障害者控除】

  1. 身体障害者手帳3〜6級を持っている方
  2. 知的障害者と判定された方
  3. 精神障害者保健福祉手帳2・3級を持っている方

【特別障害者控除】

  1. 身体障害者手帳1・2級を持っている方
  2. 重度の知的障害者と判定された方
  3. 精神障害者保健福祉手帳1級を持っている方

夫の場合は、身体障害者手帳が1級なので特別障害者控除で
所得税から40万円が控除、 市県民税から30万円が控除となりました。

もちろん、確定申告の際には忘れずに障害者手帳を持参しました。

【注意事項】
障害者手帳によって受けられる制度には、各自治体によって違いがあります。
あくまでも当サイトは私達の場合としてなので、
詳しくはお住まいの自治体などにお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る