障害厚生年金

スポンサーリンク

障害厚生年金について

障害厚生年金の申請をするにあたって、
何から準備をしたら良いのか分からなかったので
まずは窓口となっている地域の社会保険事務所へ私一人でお話を伺いに行ってきました。
(障害厚生年金の窓口は市役所ではなく、社会保険事務所です。)

今回はまだ申請をするのではなく、お話を伺うだけなので
特に持参した書類などはありません。

担当の職員の方が
まずは夫が障害厚生年金支給に際しての保険料の納付要件を満たしているかを確認して
そして申請手続きの説明や注意事項についてお話をしてくれ、
申請に必要な用紙を渡してもらい、この日は終了です。

▲ページの先頭へ戻る

障害厚生年金の支給条件について

まず、障害厚生年金の支給条件は以下の3つ全てに該当する方に支給されます。
  1. 厚生年金保険の被保険者である間に、
    障害の原因となった病気やケガの初診日があること。
  2. 上記1の病気やケガによる障害の程度が、
    障害認定日において障害等級表の1〜3級のいずれかの状態になっていること。
  3. 保険料の納付要件を満たしていること。

「初診日」とは、障害の原因となった病気やケガについて
初めて医師等の診療を受けた日をいいます。

また、「障害認定日」とは障害の程度を定める日のことで
その障害の原因となった傷病の初診日から起算して
1年6ヶ月を経過した日
または1年6ヶ月以内にその傷病が治った場合(症状が固定した場合)はその日をいいます。

▲ページの先頭へ戻る

障害厚生年金の等級について

勘違いしやすいのですが、
障害厚生年金の等級と、身体障害者手帳の等級はイコールではありません

身体障害者手帳が1級だからといって、
障害厚生年金も1級だとは限りません。

それぞれの申請方法も、審査内容も異なります。

ですから、身体障害者手帳を取得したからといって
何もせず待っていても障害厚生年金がもらえる訳ではありません。

きちんと年金請求手続きをして裁定が行われて、
年金支給が決定した時にはじめて障害厚生年金を受け取れます。

ちなみに、夫の場合は
身体障害者手帳は1級、障害厚生年金は3級です。
(障害基礎年金は3級はないので、障害厚生年金のみの支給です。)

▲ページの先頭へ戻る

障害厚生年金と障害基礎年金について

障害厚生年金には1級〜3級まであり、
1級・2級の場合には障害基礎年金(国民年金)に上乗せする形でそれぞれ支給されます。

大切な事なのですが、
障害基礎年金(国民年金)には1級と2級しかありません

夫はサラリーマンで厚生年金に加入していたために
今回、障害厚生年金3級として障害厚生年金を支給していただいていますが
もし自営業などで国民年金のみの加入だった場合
夫は障害年金の支給はなかった事になります。

【障害厚生年金・障害基礎年金と等級について】
  厚生年金 国民年金
1級障害 障害厚生年金障害基礎年金 障害基礎年金
2級障害 障害厚生年金障害基礎年金 障害基礎年金
3級障害 障害厚生年金 なし

▲ページの先頭へ戻る

障害年金と加算額について

あと、等級が1級・2級の障害年金の場合は条件によっては加算額もあります。

1級・2級の障害厚生年金には、配偶者の加給年金額 (※3級にはありません。

1級・2級の障害基礎年金には、お子さんの年齢・人数などの条件によって加算額があります。

加算額などを含め、障害厚生年金の支給額は等級にもよりますが、
請求される方の給与水準や厚生年金被保険者期間の長さなどにより
個別に計算されるので、一慨には何級だといくら支給されます・・・・とは言えません。

私の場合ですが、障害厚生年金についての説明を受けに社会保険事務所へ行った時に
職員の方が、我が家の条件だともし年金支給が決定された場合は
3級だとおそらくこの位の金額になるのかもしれません・・・・・という計算をして下さりました。

障害厚生年金の申請」のページへ続きます・・・・・。

【注意事項】
障害年金の支給額や条件などについては、今後変更される可能性もあります。
あくまでも当サイトは私達の場合としての参考サイトなので、
詳しくは社会保険事務所などにお問い合わせ下さい。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る