プロフィール

夫(30代)と私(30代)それに猫のニャンの、2人と1匹の家族です。

夫は僧帽弁閉鎖不全症という病気になり、心臓に機械弁をつける手術を行いました。

その後、他の病気も発症してしまったのですが
身体障害者手帳の取得とは関係のない部分でもあるので
このサイトでは伏せさせてもらっています。

夫は身体障害者手帳は1級、障害厚生年金は3級です。

お互いマイペースな性格で、似た部分の多い夫婦です。

夫と同じ病気の方は「猫を飼って大丈夫なの?」と思われる方もいるかもしれませんね。
人工弁の夫は、傷などによる感染症に気をつけなくてはなりません。
それと、ワーファリンを服用しているので出血した際に血が止まりにくいです。

我が家の猫の場合ですが、ニャンは人を噛んだり引っかいたりは全くしません。
もう年齢的にも落ち着いているだけの理由ではなく、
ニャンの元々の性格もあるかと思います。

もちろん、飼い猫であるので爪は定期的に切っています。
人の足元で寝たり、甘えたりしてきますが、人を傷つけようとした事のないニャンです。

私はニャンがいて、とても助けられています。

夫が心配で落ち込んでしまったり、暗い雰囲気になってしまう時もありますが
そんな時にニャンが癒してくれます。

私にとってニャンは、一緒に辛い時を乗り越えてくれる同士というか、大切な存在です。
一人で部屋にいて押しつぶされそうな気持ちになった時、ニャンに支えられてきました。

私達は、2人と1匹の家族です。

今回、夫が病気となり
身体障害者手帳と障害厚生年金を利用させていただいていて
とてもありがたく思っています。

定期的な通院や検査、毎日のお薬などの医療費を初めとして、
こういった福祉サービスがある事によって本当に助けられています。

ですが、いつか医療が飛躍的に進歩して
不安を抱えながら日々を過ごさないですむような、
健康な体にはなれないとしても、努力さえすれば安心して病気と共存できるような、
もう身体障害者手帳を必要としないでいられるような、
そんな夢のような奇跡が起こって欲しいと願ってやみません。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る

サイト名について

サイト名「Statice's Heart」の由来は、私達夫婦の結婚記念日からきています。

『心』と『心臓』を意味して「Heart」
そして、私達の結婚記念日の誕生花「statice(スターチス)」が由来です。

スターチスの花言葉は「変わらぬ心」。
ちょっとキザかな・・・・と思いながらも、色んな願いを込めてこのサイト名をつけました。

太く長く・・・・ではなくて良いと私は思っています。
細く長く・・・・で良いので私達らしく一緒に生きていきたいと願っています。

人の幸せというのは、その人その人の価値観で決まります。
病気だから不幸だ、と決まった訳ではありません。

私達夫婦は、私達らしく、穏やかに、ずっと一緒に・・・・・
それが私の最大の願いで幸せです。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る