プロフィール

夫(30代)と私(30代)それに猫のニャンの、2人と1匹の家族です。

夫は僧帽弁閉鎖不全症という心臓の病気になり、
僧帽弁置換術(心臓に機械弁をつける手術)を行いました。

その後、他の病気も発症してしまったのですが
当サイトの内容とは関係のない部分でもあるので、当サイトでは伏せさせてもらっています。

お互いマイペースな性格で、似た部分の多い夫婦です。

夫と同じ病気の方は「猫を飼って大丈夫なの?」と思われる方もいるかもしれませんね。
機械弁の夫は、傷などによる感染症に気をつけなくてはなりません。
それと、ワーファリンを服用しているので出血した際に血が止まりにくいです。

我が家の猫の場合ですが、ニャンは人を噛んだり引っかいたりは全くしません。
もう年齢的にも落ち着いているだけの理由ではなく、ニャンの元々の性格もあるかと思います。
もちろん、飼い猫であるので爪は定期的に切っています。
人の足元で寝たり、甘えたりしてきますが、人を傷つけようとした事のないニャンです。

私はニャンがいて、とても助けられています。
夫が心配で落ち込んでしまったり、暗い雰囲気になってしまう時もありますが
そんな時にニャンが癒してくれます。

私にとってニャンは、一緒に辛い時を乗り越えてくれる同士というか、大切な存在です。
一人で部屋にいて押しつぶされそうな気持ちになった時、ニャンに支えられてきました。

私達は、2人と1匹の家族です。

<追記>

こんな私達夫婦ですが
夫の手術から5年後、子どもを授かることが出来ました。

これからは、3人と1匹の家族として歩んでいきます。

▲ページの先頭へ戻る

機械弁の音

当サイト「チクタクハート」の由来ともなった
『チッ、チッ、チッ・・・・』という夫の心臓の機械弁が動く音ですが
この音が聞こえるのかは個人差があります。

お医者さんからは、この音が聞こえる人の方が珍しい、と言われました。
この機械弁の音が聞こえる方が良いとか、聞こえない方が良いとか・・・
そういういう事ではないそうです。

夫は元々痩せている体質で、脂肪が少ないです。
ですので、音が聞こえやすい体型のようです。

私は夫の隣りにいると、この音が聞こえてくるのですが
厚着をする冬場よりも、薄着の季節の方が機械弁の動く音が聞こえてきやすいです。
(機械弁の音は常に聞こえている訳ではありません。)

心臓の手術をして、退院後に私は初めてこの音に気がつき
気になってネットなどで同じような方はいるのかと調べていました。
(入院中は病棟では常に色んな音がしていたので、気がつきませんでした。)

ですので、夫と同じような方への参考までに
機械弁の音についてプロフィールのコーナーで書かせていただきました。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る