藻類(海藻)のビタミンK

海藻のビタミンK含有量の表になります。(可食部100gあたりのビタミンK含有量です。)
50音順に並べていますが、ビタミンKの多い海藻は目立つように色を変えて表示しています。

一口メモの欄には、普段あまりお料理をされない方にもどんな食材なのか分かるように
海藻の説明などについて参考までに記しておきました。

藻類(海藻)のビタミンK含有量
食品名 ビタミンK 一口メモ
あおのり 素干し 料理の色どりや香りづけに利用します。
あまのり ほしのり 2600 あまのりを細かく刻んですき、乾燥した物です。
あまのり 焼きのり 390 スーパーで「焼きのり」と表示されて売っています
あまのり 味付けのり 650 ほしのりに調味料を塗り、加熱・乾燥したものです
あらめ 蒸し干し 260 ワカメよりも肉質が厚いです。
いわのり 素干し 1700 養殖されていない、天然のりです。
えごのり 素干し 230 「おきうと」はビタミンKが少ないです。
えごのり おきうと 別名「えごてん」「えごもち」。福岡の名産です。
昆布(えながおに昆布)素干し 110 羅臼(らうす)で採れたえながおに昆布を
羅臼昆布と呼びます。
昆布(かごめ昆布)素干し 170 北海道の函館周辺の海域に分布している昆布。
昆布(長昆布)素干し 240 北海道の釧路・根室・千鳥列島が産地です。
昆布(細目昆布)素干し 96 北海道西海岸などが産地です。
昆布(真昆布)素干し 90 幅が広く肉厚で味の良い昆布だと言われています
昆布(三石昆布)素干し 270 日高で採れた物を日高昆布とも言います。
昆布(利尻昆布)素干し 110 高級おぼろ昆布や、とろろ昆布にも加工します。
昆布 刻み昆布 91 昆布を糸状に細かく刻んだものです。
昆布 削り昆布 150 幅が広い物をおぼろ昆布、
糸状の物をとろろ昆布を呼びます。
昆布 塩昆布 74 小さく切った昆布を調味液で煮て乾燥した昆布。
昆布の佃煮 310 醤油をメインとした調味液で煮詰めたものです。
てんぐさ 素干し 730 ところてんや寒天は、天草を加工したものです。
てんぐさ ところてん 天草を煮溶かして寒天質を抽出して凝固したもの。
てんぐさ 寒天 角寒天などを煮溶かし、ゼリー状にしたものです。
とさかのり 赤とさか 17 海藻サラダや酢の物などに調理されます。
ひじき 干しひじき 320 炒め煮や、炊き込みご飯、酢の物などに調理。
ふのり 素干し 430 刺身のつま、汁の具、サラダなどに調理します。
まつも 素干し 1100 乾燥品を焼いて、のりのかわりに利用したりします
むかでのり 塩蔵・塩抜き 16 宮崎などが産地です。
もずく 14 酢の物、汁の実などに調理します。
もずく 沖縄もずく 18 流通している90パーセント以上が沖縄もずく。
わかめ 乾燥わかめ 素干し 660 生わかめを乾燥させたものです。
わかめ 乾燥 板わかめ 1800 出雲地方ではめのはと呼びます。
わかめ カットわかめ 1600 湯通し塩蔵ワカメを食塩水で洗い・乾燥・カット。
湯通し塩蔵わかめ 塩抜き 100 「生わかめ」として売られている物は、湯通し塩蔵わかめを塩抜きした物です。
わかめ めかぶワカメ(生) 40 刻むと粘りがでて、とろろ状になります。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る