ワーファリン

スポンサーリンク

ワーファリンについて

ワーファリン(ワルファリンカリウム)は抗凝固薬です。

血液には、異物に触れたり、血管の外に出たりすると(出血すると)
固まろうとする働き(凝固機能)があります。

この血液凝固因子は肝臓で作られるのですが、
その凝固因子であるタンパク質の合成にはビタミンKが大きな役割を担っています。

ワーファリンはビタミンKの合成を妨げる抗血液凝固作用を持つ薬です。
ビタミンKの合成を妨げることによって、血栓ができるのを予防します。

▲ページの先頭へ戻る

ワーファリンと機械弁

ワーファリンは、深部静静脈血栓症、バイパス手術を行った方など
さまざまな病気の方が飲んでいる薬です。

私の夫の場合は「僧帽弁閉鎖不全症」という心臓の弁の病気により
「僧帽弁置換術」という手術で、機械弁に置換しました。

人工弁には
特殊カーボン製の「機械弁」と
豚や牛といった動物の心膜などの生体でつくられた「生体弁」 などがあります。

機械弁の場合、機械弁に血栓ができるのを防ぐために
生涯にわたってワーファリンを飲み続けなくてはいけません。

▲ページの先頭へ戻る

ワーファリンの注意点

ワーファリンは血が固まろうとする作用を妨げる薬ですので、
出血した際に血が止まりにくいです。

また、ファーファリンには効きすぎた時の副作用もあります。

ワーファリンは適切な効き目を維持することが大切な薬です。

ワーファリンの効き目がないと血栓の予防ができませんし、
ワーファリンの効き目が強すぎると出血の心配があります。

ですので、医師の診察を定期的にきちんと受け、
血液検査を受けてワーファリンの効き具合をチェックし、使用量を適切に管理することが基本です。

ワーファリンの効き目をチェックするのには、
「PT-INR」や「トロンボテスト」でチェックするのが一般的です。

夫はINR値でワーファリンの効き具合をチェックしています。
このINR値を見て、先生の指導の元ワーファリンの量をコントロールしています。

▲ページの先頭へ戻る

ワーファリンの量

ワーファリンを何錠飲むのが良いのかは、人それぞれの個人差があります。

薬の効き方は体質などの個人差があり、
同じ病気だからといって、同じ量のワーファリンを飲んでいる訳ではありません。

先生からも言われましたが、
ワーファリンの量が増えたから悪化した、とか
ワーファリンの量が少ないから軽傷であるとか、そういうものではないそうです。

繰り返しになってしまいますが、
大切なのは、ワーファリンの効き目を適切に管理することです。

▲ページの先頭へ戻る

ワーファリンと他の薬やサプリメントとの飲み合わせ

ワーファリンの作用に影響する恐れのある薬は たくさん存在します。

ワーファリンの作用を 強めてしまう薬、弱めてしまう薬それぞれがあります。

ですので、他の病院を受診する際などには
必ずワーファリンを服用している事を医師に伝え、その上で薬を処方してもらうようにします。

自分で一般薬を薬局で購入する際も注意が必要です。
飲んでも大丈夫な組み合わせなのか自己判断をせずに、医師・薬剤師に相談をして下さい。

例えば、よくCMなどでも見かける
興和新薬の「ザ・ガードコーワ整腸錠PC」という整腸剤ですが、
この整腸剤は成分の中に納豆菌末が含まれているので
「ワルファリンを服用している人は事前に医師・薬剤師に相談するように」とメーカー側でも記されています。

(「ザ・ガードコーワ整腸錠PC」にリニューアルする前の「ザ・ガードコーワ整腸錠」だった頃には
興和新薬の公式サイトに「ワーファリンとの併用は避けた方が良いです。」と記載されていました。)

またサプリメントに関しても注意が必要です。

例えば、「セントジョーンズワート」というのは
気持ちをリラックスさせるハーブのサプリメントとして色んなメーカーから販売されていますが、
セントジョーンズワートはワーファリンの作用に影響する恐れがあります。
(エーザイの「抗凝血薬療法手帳 ワーファリン手帳」にも明記されています。)

区切り線

ここから先は余談です。
医師や薬剤師さんからもそのような注意を受けたことはありませんが
他にもワーファリンと相互作用があるかもしれないサプリメントや食べ物はないのか
これまで調べてきて発見できた内容に関して、一応記しておきます。

繰り返しになりますが、以下は医師や薬剤師さんから指導を受けた内容ではありません。
心臓病についての本にも書いてありませんでした。
(私が読んだ数冊の本だけの話なので、調べ足りていないだけかもしれません。)

ただ私が心配性なだけで、勝手にネットで調べた内容です。
内容に関して正確性を保証はできません。

それでも、念のために相互作用があるかもしれないサプリメンドなどを
知っておきたい方もいるのではないかと思い、余談として書いておきます。

詳細に関してはネットで検索してみて下さい。

以下が、ワーファリンとの併用に注意が必要であるかもしれないサプリメント・食べ物です。

  • 薬用ニンジン (朝鮮人参、高麗人参)
  • 亀ゼリー (亀苓膏)(中国・香港の薬膳デザートです。)
  • イチョウ葉エキス
  • パパイヤ
  • アセロラ
  • ニンニクエキス (食事で摂取する分には問題はない)
  • ショウガ (食事で摂取する分には問題はない)
  • ノニジュース
  • キトサン
  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • クランベリージュース
  • クコの実、クコ茶
  • ローヤルゼリー
  • プロポリス
  • アロエ
  • フィーバーフュー
  • デビルクロー
  • カモミール
  • クマザサ
  • コエンザイムQ10
  • スピルナ (スピルリナ)
  • ウコン (ウコンに含まれるクルクミン)
  • ネトル (ネトルはハーブの一種です。)
  • ビタミンE (サプリメントによる過剰摂取は出血傾向が強くなります。)

詳しい内容に関しては、
以下のサイトなどが参考になるかと思いますので、リンクを貼っておきます。

  • 太田研究室(東京理科大学 薬学部 医薬品情報学研究室)・・・・・「研究室からの情報」の「エビデンスに基づく食品-医薬品相互作用情報の整理」コーナーの
    「医薬品名から検索」→「ワルファリンカリウム(ワーファリン)」が特に参考になります。
  • 東京理科大学根岸研究室ホームページ・・・・・上記サイトの閉鎖に伴い、こちらのサイトでデータを継続公開して下さっています。「公開しているデータベース」のコーナーの「3、エビデンスに基づく食品-医薬品相互作用情報の整理データベース」→「医薬品名から検索」→「ワルファリンカリウム(ワーファリン)」が特に参考になります。
  • 総合薬草データベース・・・・・「循環器系」のコーナーが特に参考になります。
  • 沖縄県薬剤師会・・・・・「サプリメント」のコーナーが特に参考になります。
  • 熊本赤十字病院・・・・・「食生活上の注意点」のページが特に参考になります。※サイトが改装されて、現在ではこのページがなくなってしまいました。

熊本赤十字病院のサイトでは
『サプリメントや健康食品ですが、
ワーファリンとの飲み合わせは不明なものも多いため
摂取はなるべく避けたほうがよいでしょう。
どうしても摂取したい場合は、主治医へ必ず相談されてください。』 と書かれていました。

スポンサーリンク

▲ページの先頭へ戻る